パピヨンの可愛さにゾッコン

ニュース

パピヨンの可愛さにゾッコン
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

外観と特徴

パピヨンは見た通り体が小さく、骨が細く作られており、どこか繊細で優美な雰囲気を持ち合わせています。体高より体長がやや長めで、敏捷で軽やかな足取りで優雅に歩きます。豊富な被毛はまっすぐで長く、絹糸のように美しく流れています。

人なつこいながらも警戒心を備えた表情と、蝶のような耳がパピヨンの最大の特徴といえるでしょう。

歴史

パピヨンという名は、フランス語で「蝶」を意味し、この活発な犬の耳が「蝶の形」に似ていることからこの名前が付けられました。

16世紀頃にヨーロッパで人気のあったドワーフ・スパニエルがパピヨンの起源となっています。ドワーフ・スパニエルは貴族たちの間で寵愛され、特にスペインとイタリアがこの犬種の輸出入と繁殖の本拠地となっていました。フランスのルイ14世も宮中でパピヨンをこよなく愛し、何頭も輸入したといわれています。羽飾りのある尾がリスの尾のようにクルっとカーブを描いていることから“スクウィール(リス)・スパニエル”とも呼ばれていました。

初期のパピヨンは耳が垂れていましたが、何かのきっかけでピンと立った耳を持つパピヨンが生まれました。垂れ耳タイプも立ち耳タイプもどちらも同じパピヨンから生まれることがあり、現在でも両方のタイプが認定されていますが、立ち耳タイプのほうがやや人気があるようです。アメリカでは垂れ耳のほうは「ファーレン(フランス語で“蛾”という意味)」と呼ばれているのに対し、ヨーロッパでは「エパニエルナン(一寸法師のスパニエル)」や「コンティネンタル・トイ・スパニエル」と呼ばれています。

20世紀になると、フランスではドッグショーに頻繁に参加するようになり、その後すぐイギリスでもアメリカでもドッグショーに出されるようになりました。この時に出品されていた犬たちは現在のパピヨンよりも若干大きく、そのほとんどが白地に茶の斑点が入った毛色をしていました。その後の品種改良により、より小さく、白の斑点部分がより目立つ犬が誕生しました。左右対称の模様と白い部分が、まるで蝶のように見えるのが特徴です。パピヨンはトイ・ドッグの中でもっとも人気のある種であり、愛らしいペットとして、可憐なショードッグとして、また服従競技の名選手として幅広く活躍しています。

気質

パピヨンはトイ・サイズの犬種のなかではもっとも従順で反応がよく、穏やかで人なつこく、とても遊び好きな犬種です。見知らぬ人や他の犬、他のペットとも仲よくし、子供の相手としても理想的といえます。ただ、なかには神経質な性質の犬もいます。

飼育管理

活発で陽気なパピヨンには、精神的に刺激を与えてあげることが必要です。毎日適度に散歩をさせ、室内外で比較的難しいゲームを取り入れると喜んで参加するでしょう。屋外で飼育することはあまりおすすめできません。

週に2回はブラッシングをしてあげてください。

パピヨン あれ欲しいよ~と言っている犬

パピヨン 家の中で猛ダッシュ

パピヨン 熟睡中に起こされてしゃべる犬

9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
1
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法