ブルドッグ 面白動画

ニュース

ブルドッグ 面白動画
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ブルドッグの基本データと特徴

【体重】 23〜25kg
【体高】 31〜41cm
【寿命】 8〜10年

ブルドッグは肩幅が広く、頑丈で筋肉質な体つきをしていて、皮膚がたるんでいます。前足の間が離れていて、重心が低いのもブルドッグの特徴です。このような体の特徴は、牛などの大きな動物と闘う闘犬だったからなんです。

牛の角があたっても深い傷を負わないように皮膚がたるみ、牛に噛みついた後に振り落とされないように重心が低いのです。あごまわりの筋肉(とくに下あご)が発達しているので頭が大きく、動物に噛みついた後、そのまま離さずに鼻で呼吸ができるように鼻ぺちゃで、鼻は上を向いています。

頭の高い位置にあるブルドッグの耳は小さく、バラの花びらのように見えることからローズイヤー(ローズ耳)と呼ばれています。

ブルドッグの毛色

ブルドッグの毛色には、レッド・ブリンドル(オレンジのまだら)やブラック・ブリンドル(オレンジと黒やグレーのまだら)などのブリンドルや、ホワイト、レッド、フォーン(黒みがかったゴールド)、ファロー(淡い黄色)などの単色があります。

パイド(ホワイトに単色の斑がある)や、単色で口もとがブラックのものもあります。単色はあまりなく、パイドがもっとも多いです。

ブルドッグの歴史

ブルドッグは、ブル・べイティング(牛いじめ)という、雄牛(ブル)と闘う競技のためにつくられた犬種です。ブル・べイティングは、13世紀から18世紀までイギリスで人気があった娯楽で、ブルドッグは牛の鼻に噛みついて興奮させ、牛を暴れさせるという役目を果たしていました。

ブル・ベイティングは、杭(くい)につながれた1頭の雄牛と数匹の犬を闘わせるものでした。数匹の犬の中で、最初に牛の鼻に噛みついた犬の飼い主には、高い賞金が支払われたそうです。

当時のブルドッグは、牛と闘うために体重が60kgもあったと言われています。ブル・べイティングは、人々の娯楽として楽しまれましたが、ブル・べイティングの後に屠殺(とさつ)される牛のほうが美味しいという理由からも人気がありました。

ブルドッグは、ブル・べイティングだけでなく、くまをいじめるベア・ベイティングでも活躍したそうです。動物愛護の観点から、1835年にブル・べイティングが禁止されると、ブルドッグの人気は次第になくなっていきました。

そこで、ブリーダーのビル・ジョージをはじめとするブルドッグの愛好家たちが、ブルドッグの特徴的な顔つきを残しながら穏やかな性格の犬とかけ合わせ、攻撃性がなく温和なブルドッグをつくりました。

1600年代のブルドッグというのは、ベア・ベイティングに使われる護衛犬のマスティフと、ゲーム・ハンティング(娯楽としての狩り)に使われるテリアを交配してつくられた犬を意味していましたが、それとは全く異なる性質を持つ犬になったのです。

そのおかげでイギリスでは国犬となり、家庭犬としても人気の犬種となりました。

ブルドッグの性格

ブルドッグは、忠実で落ち着きがあり、素直で明るい性格です。人懐こくて友好的、そして甘えん坊なところもブルドッグの魅力です。一方で、少し頑固なところもあります。

運動・ケア

暑さに弱いので、とくに湿度の高い日は暑さ対策をして、無理な運動はさせないようにしましょう。毛は硬めの短毛なので、軽くブラッシングをしたり、濡れたタオルで拭いてください。

顔としっぽの付け根のしわの間は、汚れがたまって皮膚炎にならないようにきれいに保ちましょう。食欲旺盛なので、肥満には注意しましょう。

しつけ

あまり賢い犬とは言われませんが、一度覚えたことは忘れません。しつけは、覚えてくれるまで根気よく行ないましょう。

おもしろ可愛いブルドックばかり集めた動画

ブルドッグたちのブサかわ映像まとめ

ブルドッグ 爆笑おもしろ動画集♪

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう